FAQよくある質問

ハウスコム全体のこと

一言で表すと、ハウスコムはどのような社風ですか?

全体的には「元気で明るい」社風です。ハウスコムは全国に160以上の店舗がありますので、それぞれの地域で店舗の雰囲気は異なります。

学生のお客様が多いところ、ファミリーのお客様が多いところなど、訪れるお客様の層によっても店舗のカラーがありますね。

大東建託との関係性はどのようになっているのですか?

ハウスコムは大東建託グループの一員ですから、大東建託が管理する物件を主に取り扱っていると思われる方もいらっしゃるかもしれません。

大東建託が管理する物件数は業界最多ですし、確かに他の賃貸仲介業者様と比較すると相対的には大東建託が管理する物件を多く扱っています。

しかし実際にハウスコムが1年間にご成約いただく物件のうち、大東建託管理物件は2割未満にとどまっています。お客様にご案内し、ご成約いただくお部屋のほとんどは地元の大家様やほかの管理会社様が管理する物件ということです。

社内イベントにはどのようなものがありますか?

全社員が参加する大きなイベントでは、毎年社員旅行や経営計画発表説明会というものがあります。経営計画発表会は社長から全社員へ会社の方針を説明する重要なイベントです。懇親会もあり、社員の交流の場でもあります。

もう少し小さなイベントだと、同じ地域グループに属する全ての店舗が売上目標を達成したとき、会社が費用を負担して開く夕食会などがあります。

会社の業績にもよりますが、ここ数年は「ハワイキャンペーン」・「国内キャンペーン」というものを実施しております。営業実績等で決定された対象者がそのご家族と一緒にハワイ旅行・国内旅行に行くことができるイベントです。もちろん旅費は会社持ちです。

業務に関すること

不動産賃貸仲介営業の仕事で一番大変なことは何ですか?

お客様がご希望のお部屋を探すにあたって、個人の価値観もひっくるめて一人一人のお客様を理解することが一番大変なことかもしれません。

例えば、お客様から「安全なところ」というご要望をいただくことがありますが、「安全」の基準は人によってそれぞれです。目の前のお客様が望んでいるのはどのレベルのものなのか、お客様の価値観を尊重して理解に努めないといけません。

そういうことを家賃においてもお部屋の広さにおいても、あるいは駅からの距離においても、一つ一つ理解していくことが重要です。営業が自分の基準で「大丈夫だ」とか「おすすめだ」と思うことをそのままお客様に勧めることは私たちの仕事ではないと考えます。

繁忙期とそれ以外の時期で、仕事の量や内容にどのくらいの違いがありますか?

不動産業界全体に言えることでもありますが、毎年1月〜3月までが「繁忙期」と呼ばれる時期に当たります。年間成約件数のうち約4割がこの繁忙期3ヶ月にご成約いただいたものです。

繁忙期はお客様の来店数が爆発的に増える為、どうしても仕事量が多くなります。その為、それ以外の時期に比べると帰る時間は遅くなる傾向にあるでしょう。会社の制度としても、4月〜12月まで月曜日は「ノー残業デー」として夜7時までに帰ることになっていますが、繁忙期に「ノー残業デー」はありません。

そういった繁忙期の負担を少しでも軽くするため、昨今はアルバイトの方を採用するといった対策も行っています。

繁忙期以外の4月〜12月はどうかと言うと、店舗スタッフが物件の状態や位置を確認しに行ったり、写真を撮影してWEBサイト上にアップロードしたりといった仕事をする時間的余裕が残されていると言ってよいでしょう。

そういった準備を出来る時にきちんと対応しておくことで、繁忙期はお客様の応対だけに集中できるようになり、結果として満足のいく仕事ができるようになります。繁忙期以外の期間は、繁忙期により良い仕事をするための準備期間と言える面があるかもしれません。

残業はありますか?

あります。賃貸仲介営業職の場合、営業手当の中にあらかじめ32時間分の残業代が含まれています。1月32時間を1日あたりに換算すると約1.5時間ですので、退社時間が20時くらいに設定されていることになりますね。会社のシステムダウンも20時に設定されているので、20時以降は仕事ができないようになっています。(※時期により設定時間の変更はあります。)また、月の残業時間が32時間を下回ったからといって手当が減ることはありません。

営業ノルマはありますか?

達成できなかったらペナルティがあるものを「ノルマ」だと定義するなら、そのようなものはありません。

ハウスコムの場合、「ボーダーライン」と呼ばれる月ごとの売上金額があります。これは、歩合給が支給されるかどうかを判断するためのラインです。つまり、「ボーダーライン」を超えなかった場合はプラスもマイナスもありませんが、超えられた場合には歩合給がプラスされるというシステムなのです。

そのような意味で「ノルマ」は存在しないとはいっても、売上を上げられる営業にならなくて良いということではありません。未熟な営業担当者がお客様の時間や手間を奪ってしまうと、お客様にとっても会社にとっても不利益になるからです。そのため周りのスタッフが協力して、売上を上げられる営業に育てていきます。

店舗ではどのような雰囲気づくりをしているのですか?

いつでもお客様を気持ちよくお迎えし、店舗でのお時間を快適に過ごしていただけるようにと心がけています。通常、お部屋を探されているお客様は店舗に何時間も滞在されることが多いです。全店舗に有線放送を導入する等、お客様の立場になって、リラックスできる環境づくりに取り組んでいます。

お客様と接するときに特に気をつけていることは何ですか?

お客様に「押し付け」てしまうことがないように、ヒアリングを重点的に行うよう気をつけています。お部屋探しを通してお客様が「どのような暮らしをしたいのか」が一番大事なところなので、そこをきちんと聞き取るようにしています。

また、「安心してお部屋探しをしたい」という方もいれば、「とにかく簡単に済ませたい」という方もいらっしゃいますので、お客様それぞれのスタイルを尊重するようにしています。

また、ご入居時のことだけではなく、いずれお客様がお部屋を退去する時のことまで説明することも大事です。お客様がその時のことまで考えた上で「問題ない」と思える物件に決めていただけるよう配慮しています。

どのような服装や髪型を心がけていますか?

お客様がお部屋を探すのに集中できないほどの髪型や服装、化粧・ネイルアート(女性の場合)は避けています。どこまでがお客様の気分を害するのか、害さないのかを考えることが大事です。

宅地建物取引士の資格は必要ですか?いつまでに取ればいいですか?

採用区分と職種によって異なります。

採用区分 職種 入社時 備考
新卒 営業 不要  
カスタマーサービススタッフ 不要 入社後2年以内に取得必須
中途 営業 不要  
カスタマーサービススタッフ 必須  

※営業が店長に昇進するためには宅地建物取引士資格を持っていることが条件になっています。

自動車運転免許は必要ですか?運転する車は社用車ですか?

自動車運転免許がないとお客様を物件までご案内することができないので、新卒採用・中途採用の別に関わらず営業職では、運転免許を持っていないと入社できません。

営業が運転する車は、基本的には社用車です。ただし、社用車が足りない場合はレンタカーやカーシェアリング車を使うこともあります。

私用携帯・スマートフォンを業務に使用しますか?

セキュリティの観点から、私用の携帯・スマートフォンを使うことは禁止されています。代わりに会社から支給されるスマートフォンを使っていただきます。

採用・配属に関すること

選考で重視されるのはどんなところですか?

新卒採用では、その人がもともと持っている「性質」を重視しています。例えば「明るい」「積極的」といった性質は後から作ることは難しいものです。その人に自然に備わっている部分を見させていただければと思います。※「明るい」方、「積極的」な方が選考で有利という意味ではありません。その人それぞれのユニークな「性質」を見させていただきます。

外国人の採用はありますか?

2018年度以降に新卒採用で入社される方から外国人留学生の採用を始めており、今後も様々な国籍の方に入社していただきたいと思っています。2018年度新卒採用実績としては、まずは店舗にお客様として来店される方が多いベトナム、中国の方を1名ずつ採用しました。今後は中途採用でも取り組んでいこうと思っています。

本社に配属されることはありますか?

新卒採用で本社に配属されることは原則としてありません。中途採用のみ本社採用を行っています。

新卒で入社される方々にはまず賃貸仲介業というハウスコムの業務を理解していただくことが大事だと考えています。

店舗の異動はありますか?

あります。ただし、転居を伴う異動は原則ありません。また、居住地を起点として通勤できる範囲内としています。

営業職が合わないと感じたら別の職務に変わることはできますか?

営業からカスタマーサービススタッフへ、逆にカスタマーサービススタッフから営業への職種変更は、過去に実績があります。実際に仕事をしてみて、あるいは生活環境が変わった等で職種変更をする場合があります。必ず約束できるものではありませんが、状況に応じて検討しております。

福利厚生・給与に関すること

福利厚生にはどのようなものがありますか?

各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)、育児支援制度、宿泊費用補助金制度、退職金制度、従業員持株会制度、福利厚生倶楽部 などがあります。

福利厚生倶楽部では映画の割引を受けられたり、宿泊費用補助金制度といって旅行の宿泊先の領収書があれば6千円までの補助を受けられるというユニークなものもあります。

評価制度はどのようになっていますか?どうすれば昇給できますか?

営業職では、入社したばかりの方も10年在籍している方も、役職が無ければ基本給は同じです。

昇給ステップは、まず営業主任になることです。営業主任になれるかどうかは、6ヶ月間における売上額、もしくは契約件数で決定されます。営業主任に昇給すれば役職手当が支給されます。

営業主任の先はチーフ、店長…とステップが続きますが、そこでは売上等の数字だけではなく総合的な評価によって決まります。

休みはどのように取りますか?長期休暇はどのくらい取れますか?

月ごとの休暇は店舗の中でシフトを組み、その中で取得していただきます。繁忙期よりもそれ以外の時期の方が多く取得できます。

長期休暇は9日間の年末年始休暇と、7月もしくは8月に連続5日間の休みを取ることができる夏期休暇があります。長期休暇を取得するタイミングも、店舗内で調整して取得していただきます。

産休、育休は取得できますか?復帰後の働き方はどのようになりますか?

取得できます。過去実績でも産休、育休を申請して取得できなかった例はありません。申請者は増加傾向にあり、今後はさらに取得しやすい環境になっていくと思います。

復帰後は居住地からそう遠くないエリアの勤務になり、本人の希望によっては時短勤務社員として働くことができます。ただし、産休・育休前と同じ店舗に配属されるという決まりはありません。

女性が活躍できる環境ですか?

2018年現在在籍する社員のうち、女性社員は3割を占めています。この数年で女性社員の割合は急速に増加しています。ハウスコムでは女性・男性という性別に分け隔てなく、同じように業務に当たっていただいています。性別とは関係なく営業が得意な方もいれば、サポートが得意な方もいますので、活躍の仕方はその方によるでしょう。