本気で遊ばなければ、仕事がなくなる時代に「遊びに真剣になれない人が、仕事に対して真剣になれるはずなどない。」<田村 穂>-コラム Serendipity-Vol.3

  • Twitter
  • Facebook

まだ世の中に存在しない10年後の新しいビジネスを作れる人というのは、ただ真面目に日々の仕事をしている人ではなく、徹底的に自分の好きなことに打ち込める「遊びの達人」で、真っ先に遊びのスケジュールを入れる人ほど時間単価の価値が高いのだと言います。

新しいアイディアを出すのは才能ではなく、どれだけ素晴らしい体験をしているかにかかっており、今までと全く違う経験をして、仕事を別の角度から捉える「価値観のバイリンガル」にならなければ、10年後の新しいビジネスを作ることはできないでしょう。

元サッカー日本代表の中田英寿選手も「遊びを徹底的に追及していくとそれがいつか仕事になる」という名言を残していますが、人工知能が人間の仕事を代行していく時代には、趣味という概念がなくなり、むしろ遊びを本気の仕事として、徹底的に遊ぶ努力をしなければ、自分の仕事がなくなってしまうことが十分ありえる時代です。

今や億単位の賞金を稼ぐプロゲーマーや上場企業よりも多くのアクセス数を稼ぐユーチューバー、そして、ドローンで一日中遊び続けるクリエイターまで、自分も楽しみ、他人も楽しませることができる才能こそ、これからの時代に求められていることなのでしょう。

「ワーク・シフト」の著者でロンドン・ビジネススクール教授でもあるリンダ グラットンによれば、これからの仕事で創造性を発揮する方法は仕事と遊びの境界線をあいまいにすることで、本田宗一郎さんは年間5500時間(1年間1日も休みなしで、1日15時間)を35年続けるほどの仕事人でしたが、遊ぶ時は徹底した遊び人で、遊ぶ時間を確保するために、床屋に行く時間も惜しいとして次のように述べています。

「遊ぶ時間のない人生なんてばかばかしい。 働くに働けなくなっちゃう。それを床屋にみんなとられて平気でがまんしているなんて、 私みたいなのにはとても耐えられない。 遊んだ方がよほど有効だ。私は床屋へ行くために働いているのじゃないのである。」

好きであるはずの遊びに真剣になれない人が、仕事に対して真剣になれるはずがありません。

1.為末 大「遊ぶ」が勝ち 『ホモ・ルーデンス』で、君も跳べ! 」中央公論新社、2013年 Kindle

2.茂木 健一郎「芸術の神様が降りてくる瞬間」光文社、2007年 P131

3.リンダ グラットン「ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図」プレジデント社、2012年 Kindle

4.井深 大「わが友 本田宗一郎」ごま書房新社、2010年 Kindle

ハウスコム株式会社
代表取締役社長:田村 穂

<プロフィール>
経営修士(MBA)中央大学大学院戦略経営研究科修了(榊原清則ゼミ)。中央大学商学部客員講師。大学在学中に宅建主任者の資格を取得。その後、不動産業界での経験を経て、1994年に同社入社。営業スタッフから1年で店長に抜擢される。常務取締役営業本部長を経て、2014年3月に社長に就任。賃貸仲介業から賃貸サービス業への変革を進め、人工知能などのITテクノロジーを活用したユーザー向けサービス・プラットフォーム「マイボックス」をリリース。自社のビッグデータを活用し、オープンサービス・イノベーションラボを展開。社会・地域に貢献できる不動産テック企業を目指す。

サービス・イノベーション室:安達

  • Twitter
  • Facebook

オススメの記事