「一からお客様と向き合いたい!」 津田沼店 ハウジングアドバイザー 菊岡 銀河さん 2017年新卒入社

  • Twitter
  • Facebook

津田沼店で活躍する新卒入社3年目の菊岡さん。

昨年度は同期の中でも、第4位の営業成績をおさめ、今年主任に昇格しました。

仕事に対してのご自身の変化や、これからの目標をお聞きしました。

接客で心がけていることを教えて下さい。

このお客様にはどんな接客をするべきか、それはお客様に名刺をお渡しする時に決めています。

私は珍しい名前なので、「本名なの?」とよく聞かれます。

そういったお客様とは打ち解けやすく、お部屋のお申し込みをいただけることが比較的多く、「どうも」だけで終わってしまうお客様は、少し緊張していたり、壁を作っている方であることが多いので、言葉遣いや接客態度には一層気を使い、どうしたら心を開いてもらえるかを考えながら接するようにしています。

入社1年目から比べて、なにか変化はありましたか?

自分自身の変化としては、個人だけでなく店舗全体の売上も考えて行動するようになったこと、そして周囲からの反応も変わったと感じるようになりました。

1年目は下っ端の私が、写真撮影などの仕事を率先して行い、先輩方からも頼まれることが多かったですが、最近は『手の空いている人が行く』という流れに自然に変わりました。

津田沼店の数字を作れる内の一人と、認めてもらえたのかなと、気が引き締まっています。

今後の目標を教えて下さい。

ネットでのお部屋探しが主流な現代、お客様からお問い合わせがあった物件をそのままご案内する時もあります。

そうやって成約になるより、私が一から応対をして物件を探し、ご提案した末に成約になる方が嬉しさもひとしおです。

先日、以前担当した学生のお客様から、「ぜひ菊岡さんに頼みたい」と、後輩の方を紹介していただきました。

これがリピーターか…と、少し感動してしまいました。そんな風に私を頼って来店されるお客様がもっと増えるように、お客様に一から向き合った応対をしていきたいと思います。

取材後期

お話を伺っている間も、元気で明るい受け答えが印象的だった菊岡さん。

自分の強みでもあり弱みだとも受け止めているものは、周囲からよく言われる「若いね」という言葉だそうです。

親しみやすさを感じていただけることもあれば、不信感を持たれてしまうこともあるので、どんなお客様にも真摯な対応を心がけていきたいとお話しされていましたが、強みの面での「若さ」を武器に、今後の活躍も応援したいと思います。


菊岡 銀河さん
2017
年入社
淑徳大学卒業
津田沼店 ハウジングアドバイザー

  • Twitter
  • Facebook

オススメの記事

2019/06/30

2019年入社新卒レポート – 津田沼店 鎌田 美保(かまた みほ)さん

2019/06/30

2019年入社新卒レポート – 松戸店 鈴木 葵(すずき あおい)さん

2019/06/30

2019年入社新卒レポート – 大曽根店 桂川 浩平(かつらがわ こうへい)さん