TOP MESSAGE代表メッセージ

VIDEO MESSAGE

もっと見る

ミッションは変えてはいけないが、アクションは時代に合わせて常に変化させなければならない。

ハウスコムは2018年で創業20周年を迎えます。20年前、ハウスコムは大東建託のお部屋を紹介するための会社として生まれました。

しかし、時代の変化やお客様のニーズに合わせて、他のメーカーさんのお部屋も紹介するようになり、ハウスコムは何度も何度も「脱皮」を繰り返すことで、現在の姿へと常に変化し続けてきたのです。

つまり、私たちが掲げる「住まいを通して人を幸せにする」というミッションは企業が50年、100年と続いても変わりませんが、私たちが行うアクションは時代の変化に合わせて常に変えていかなければなりません。

次の20年、ハウスコムは賃貸仲介業から新たに脱皮をし、暮らしのサービス・カンパニーとして、お客様にお部屋を紹介した後も、お客様の人生のライフスタイルに合わせて新しい価値を提供できる企業に常に変化していきます。

仕事が変化するということは、従業員が成長するということでもあります。
「変化を恐れるのではなく、変化を歓迎する」というハウスコムの企業文化を新しく入社される皆さんにもぜひ体験していただきたいです。

個人の目標を達成する場所としてハウスコムを使ってほしい。

「自分はこれからどうしたいのか、自分はこうなりたい。自分はこうゆうことをやりたいんだ。」という未来を語れる人たちをハウスコムではどんどん採用していきます。

スポーツを頑張ったとか英語が得意だといったことも価値があることですが、むしろ「その人が将来どうしたいのか」を共有して欲しいと思っています。
もちろん、これから新卒入社される皆さんの場合まだ社会人経験がないので、自分が会社の中でどう活躍できるかということは想像しにくいかもしれません。

しかし、仮に現実離れしている理想論だったとしても、仮に将来それが達成できず違う形になったとしても構わないのです。自分の将来像や実現したいことをしっかり持って、自分の未来に対するイメージとハウスコムのやろうとしていることが一致する人にぜひ来てほしいですね。

ハウスコムという企業を自身の目標を達成するための場所として活用していただき、企業と働く人たちが共に成長していくという良いサイクルを一緒に生み出していきましょう。

ずっとハウスコムにいる必要などない。

部屋の探し方も時代の変化によって多様化し、VRやスマートロックなど、店舗に来店しなくても自分の理想の部屋を見つけることができる環境が整いつつあります。

こういった環境の変化の中で、全国にあるハウスコムの165店舗の在り方も変わっていかなければなりません。

これまでのハウスコムは個々のお部屋をどう上手く見せようかとか、どう分かりやすく伝えようかというところに力を入れてきました。
これからはローカルのエリアにより付加価値を持たせる形で伝えたり、店舗スタッフがもっと地域の中に入り込んで「理想の地域を住民の方々と一緒につくっていくんだ」という気持ちを持つことが大切になります。

そのためにも、最新のテクノロジーや人工知能などをどんどん導入し会社全体の生産性を上げ、地域の人たちと密にコミュニケーションを取るといった人間にしかできない「ヒューマン・プレミアム」な仕事にもっと時間をつかっていきたいと思います。

人生100年時代と言われる中で、ずっとハウスコムにいる必要などありません。

もちろんずっといたい方もウェルカムですが、ある一定の期間だけでも物凄いパフォーマンスで働いて、ハウスコムを踏み台にして新しい活躍の場を見つけるという働き方もこれからは当たり前になっていくのではないかと思います。

一緒により豊かな社会を次世代に繋いでいきましょう。

代表取締役社長田村 穂