「かつて”東洋のハリウッド”と呼ばれた映画の街、調布市。のんびり歩いても人とぶつかることはない、ちょうどいい都会です。」ハウスコム 調布店 店長 福田真純

  • Twitter
  • Facebook

プロフィール

ハウスコム株式会社 調布店 店長 福田真純

出身地:東京都 年齢:30代 趣味:食べること 好きな言葉:一石二鳥

全員京王線在住のスタッフがお客様のライフスタイルに合わせてお部屋のご提案からご案内までさせていただきます。初めてのお部屋探しの方から引越の達人まで、シングルからファミリーまで安心して当店にお任せください!

京王線の主要駅である調布駅。駅周辺では再開発が積極的に進められていて、2017年9月にオープンした駅ビル「トリエ京王調布」を始め、多くの商業施設が建設されています。

そういった再開発の効果もあって注目され始めている調布市ですが、日本映画全盛期であった昭和30年代には「東洋のハリウッド」と呼ばれていたほどで、多い時には日活のような製作会社が3箇所で映画製作をしていた映画の街だったのですよ。

今でも「石原プロ」のようなプロダクションが30社以上も調布市内に集まっていて、邦画製作に携わっていることもあってか、近所で撮影をしていたり、道で芸能人を見かけることも多いですね。たまに「ハウスコム調布店」にも撮影のためにお部屋を借りにいらっしゃることも…。

ここから近くにある「天神通り商店街」のいたるところに、「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくるキャラクターのモニュメントがあります。調布市は、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者 水木しげるさんのゆかり地なんですね。

湧水の水源のある深大寺。水の豊かさを生かして作られる「深大寺そば」は絶品。

「深大寺(じんだいじ)」というお寺の門前には、「水木ワールド」である鬼太郎の世界観を表現した「鬼太郎茶屋」があります。そこには水木しげるさんが自らペンを取って描いた鬼太郎の絵が飾ってありますよ。

実は水木しげるさんは、「ゲゲゲの鬼太郎」で自然との共存を表現しているそうなんです。今から1200年以上前の奈良時代から続く深大寺は、その自然を身近に感じさせてくれるスポットなんです。

その境内は都会の喧騒を完全に忘れられるほど自然に溢れているので、平日都心に通勤する人の多い調布市民が自然を求めて訪れる場所になっています。

深大寺は湧水の多い場所に建てられています。お寺の本堂から少し離れた場所には水源があって、そこにある深沙堂(じんじゃどう)には水の神様である「深沙大王(じんじゃだいしょう)」が祀られています。

山門の近くにある「不動の滝」は、東京の名湧水57選として認定されているんですよ。

水の豊かさを生かして作られる「深大寺そば」は、この地域の名物として有名です。深大寺周辺には20件近くのお蕎麦屋さんがあるので、お気に入りのお店を見つけるのも楽しいかもしれませんね。

このお寺の風物詩である毎年3月に深大寺で開催されている「厄除元三大師大祭」には、約6万人を超える人が訪れるそうです。参詣者が「近郊近在より群参す」と江戸時代の文献に書かれているほど、昔から賑わいの衰えないお祭りなんですよ。

なんといってもこのお祭りの日に開催されている「深大寺だるま市」は日本三大だるま市の1つとして数えられるほど有名です。

普通、ダルマの目は黒く塗るものですが、深大寺の境内で買ったダルマは、僧侶が梵字(インドの古い文字)で左目に「阿」字を入れ開眼させ、願い事の叶ったダルマの右目には「吽」字を入れるのだそうですよ。

都心から電車で15分とは思えないほど、落ち着いて暮らせる調布市。

深大寺の近くには水の豊かな地形を生かし、都立としては唯一の植物園「神代植物公園」もつくられました。

この公園にはバラやツツジをはじめ約4,800種類、10万本・株の樹木が植えられているそうで、平成28年には約1,300品種の植物が楽しめる大温室がリニューアルもされています。

この神代植物公園には休日になると家族連れも多く訪れる場所となっていて、「ハウスコム調布店」のお客様の中にはこの植物公園が気に入られてこの辺りで住まいを探される方もいらっしゃいますね。

少し駅から離れると田んぼや畑も多く、水の豊かなこの地域ならではの景観や文化が育まれています。一方で、調布駅周辺はというと、徒歩圏内に市役所や図書館、映画館、家電量販店もあるので、娯楽のためにわざわざ都心まで行かなくても十分なほど。

街中は都心ほど人の流れも速いわけではないので、少しのんびりと歩いていても人にぶつかる心配もなく、住むにはちょうどいい地域なのかもしれません。

調布市には電気通信大学があるので、そこの学生さんも多く住んでいます。食が偏りがちな学生さんには、ボリュームがあってお腹いっぱい食べられる「東京エガオ食堂」なんかがオススメですね。

駅前の商店街の中には、居酒屋や近所のお父さんが集うスナックもあります。新宿のような都心まで約15分というアクセスの良さから、働き盛りのサラリーマンや、共働きのご夫婦に選ばれる調布では、そうしたお店はいつも賑わっていますね。

これからさらに新しい商業施設ができるといわれている駅周辺の利便性と、はるか昔から水の豊かさが育んできた自然のバランス具合は、この地域でしか感じることのできない魅力です。

ビルばかりが立ち並ぶ都心では触れることできない自然を間近に感じ、落ち着いた時間を大切にしたい方はぜひ、調布市に足を運んでいただきたいです。

ハウスコム株式会社 調布店

  • Twitter
  • Facebook

オススメの記事

2019/05/20

「徳川御三家が住んでいたのも、『ナゴヤドーム』があるのも大曽根。洗練された大人も一人暮らしが初めての学生も暮らしを楽しめる街です。」ハウスコム株式会社 大曽根店 店長 小嶋健太

2019/05/20

3期合同研修「人づくりは10年単位の私の一番重要な仕事。」

2019/05/13

「明治維新から150年を経た今も感じられる江戸情緒。徳川最後の将軍が学んだ地、水戸で子どもの成長を見守る。」ハウスコム株式会社 水戸駅前店 店長 富伸一郎