「映画、テクノロジー、教育。異なる産業が上手くまとまるのは太秦天神川だけかもしれない。」ハウスコム株式会社 太秦天神川店 店長 目瀬広次朗

  • Twitter
  • Facebook

プロフィール

ハウスコム株式会社 太秦天神川店 店長 目瀬広次朗

出身地:京都府 年齢:30代 趣味:家族サービス、スポーツ観戦、旅行! 好きな言葉:万事塞翁が馬・文武両道

入社して京都一筋で11年目を迎えました!当店は、分かりやすく丁寧を心掛けて、お部屋のご紹介をさせて頂きます。物件以外にも、最新の情報で皆様のご来店をお待ちしております。

太秦天神川(うずまさてんじんがわ)には賃貸専門店はあまりなく、唯一、実店舗としてあるのが「ハウスコム太秦天神川店」です。

2008年に太秦天神川駅ができて都市開発が進み、区役所に図書館、そして交通局や分譲マンションが一体となった「サンサ右京」がオープンしたんですね。「ハウスコム太秦天神川店」も、この「サンサ右京」に入っています。

太秦天神川に住んでいると、道が細かったり、神社やお寺があることから京都らしさをより感じます。

京都の中心地である河原町までは電車で20分ほどで行くことができますが、太秦天神川は中心地よりも本来の京都っぽい雰囲気を味わうことができる街ではないでしょうか。

太秦は映画産業と人々の架け橋となっています。

太秦天神川には、神社や寺が多くありその中でも「広隆寺」は、603年に建てられた京都最古の寺と言われ、観光地としても有名な寺です。

JR嵯峨野線「太秦駅」から徒歩10分のところにあり、秦河勝(はたのかわかつ)が聖徳太子から譲り受けた仏像をまつるために建てられた寺であると言われているんですよ。

「広隆寺」といった歴史的建造物もある一方で太秦の観光地と言えば、最初に思い浮かぶのは「東映太秦映画村」という方も多いのではないでしょうか。最近では、「銀魂」の実写版映画もこちらで撮影されたんですよ。

「東映太秦映画村」では時代劇で使用するために屋外に作られたセットによって江戸時代の街の雰囲気を味わうことができます。

その街並みの中で迫力のある殺陣を実際に見ることができたり、実際にチャンバラを体験することもできるんです。

映画産業との結びつきも強い太秦には、松竹映画の撮影がされる「松竹撮影所」もあります。

こうした撮影所のおかげで、地元の人は映画づくりに関わることが自然になっているんですね。

例えば嵐電天神川駅から約20分、鹿王院を最寄りとした嵯峨美術大学では、近隣に「東映京都撮影所」や「松竹撮影所」といった大きな撮影所があることから、大学施設をロケ地として開放することも度々あるみたいなんです。

学生向けの映画撮影ボランティアなどもあるようで、映画のクレジットに学生の名前が載る、なんてこともあるそうですよ。

企業が大学生の教育に力を注ぐ街、太秦。

太秦天神川には、京都外国語大学、京都学園大学、立命館大学や専門学校など学校が多いため、「ハウスコム太秦天神川店」には学生のお客様もよくいらっしゃいます。

太秦天神川では、企業と学校が多く存在しているだけでなく、互いの関係性も深いんですよ。

例えば、京都学園大学では、2018年の3月に「日本電産」の会長である永守重信氏が理事長に就任しました。

永守氏に理事が変わってからは、即戦力の高い人材を育成するため、モータ工学やロボット工学などの専門性を高めた教育を目指していると聞きます。

京都には「京都リサーチパーク」をはじめとして、大企業がベンチャーや起業家を支援する環境が整っているのですが、太秦天神川でも、学生を支援するという点でこの京都らしさが表れていると言えそうです。

太秦天神川にある多くの企業において、京都の大学出身の人を積極的に採用する、といった地域と企業が結びついた昔からの慣習が残っているのも、企業が地元大学を通じて学生を育てているからなのかもしれませんね。

ほかにも、太秦天神川駅から約10分ほど嵐電嵐山線に乗って到着する「西院駅」周辺には、「島津製作所」の本社があります。

島津製作所はX線装置のパイオニアであることで有名な企業ですが、レントゲン技術を教える講習会を大正10年に開催して以来、診療放射線技師の養成にも力を注いだそうです。

この講習会はのちに専門学校などへと変化を遂げて、現在では4年制大学の京都医療科学大学として京都府南丹市にキャンパスをおいているんですよ。

太秦天神川には、「三菱自動車」や「大日本印刷」の工場もあります。工場で働く方は職場の近くに住むのを好まれる傾向にある様で、徒歩圏内の社宅などに住まわれる方が多いようですね。

工場の周りに関連企業や社宅ができていったため、太秦天神川の街は企業を中心として形成されていったとも言えます。

パンの消費日本一の京都が誇るパン屋、「志津屋」の本店があります。

パンの消費量が日本一多いという統計も出ているほど京都人はパンをよく食べるようで、京都には、訪れる人の目に不自然にも映るくらいにパン屋が多くあります。

太秦天神川も例外ではなく、太秦天神川にはカルネというパンで有名な「志津屋」の本店があります。

カルネとはドイツのカイザーロールをもとにしたパンに、シャキシャキの玉ねぎとハムを挟みオリジナルのマーガリンを塗ったサンドウィッチです。シンプルなサンドウィッチですが、その中にこだわりを感じられるパンなんですよ。

昭和23年に誕生した「志津屋」は、美味しいだけでなく健康的な食生活を推進することを目標として掲げています。例えば、天然塩を使用するなど一つ一つの食材について体にいいものを選ぶことにこだわりを持っています。

このような取り組みも京都人が「志津屋」のパンを好んで食べる理由なのかもしれないですね。

また、「ハウスコム太秦天神川店」スタッフのおすすめの店は、店舗のすぐそばにある喫茶店の「arrows(アローズ)」です。

「arrows(アローズ)」は喫茶店なのですが看板メニューはカレーで、お昼時にお店に通りかかるとカレーの匂いがあたりに立ち込めているんですよ。

「arrows(アローズ)」のカレーは種類も豊富ですが、家庭的なほっとする味が忘れられなくてリピーターになってしまう人が多いのではないかなと思います。

観光案内所としての役割も持つ「ハウスコム太秦天神川店」。

「ハウスコム太秦天神川店」では区役所や図書館といった公共施設が同じマンション内にあるというその立地から、3連休といったお休みのときなど、観光で太秦に訪れている外国人のお客様もよく店舗にいらっしゃるんですよ。

「ハウスコム太秦天神川店」では地域密着するために協賛を積極的に行っていますが、観光案内所としての窓口としての役割を持った賃貸専門店という立場で地域に貢献していくのも一つの手なのかもしれません。

太秦天神川に観光にいらっしゃる際は是非「ハウスコム太秦天神川店」にも足を運んでみてくださいね。

ハウスコム株式会社 太秦天神川店

  • Twitter
  • Facebook

オススメの記事

2019/04/22

THE LIVE DESIGN COMPANY「ビジョンは暗記してください。繰り返し何度でも言います。」

2019/04/22

「ジャズ、バスケットボール、ロードレース。宇都宮には餃子通り以外にも誇れるものがたくさんあります。」 ハウスコム株式会社 宇都宮南店 店長 大久保篤

2019/04/15

「だんじり祭りで生まれる結束力。人のつながりの強さが、この街に帰ってきたいと思わせる。」ハウスコム株式会社 和泉府中店 店長 秋山賢二