「芸術と人間臭さが入り混じる高崎。この街の良さは住んでみなければわ分からない。」ハウスコム株式会社 高崎店 店長 岡村信幸

  • Twitter
  • Facebook

プロフィール

ハウスコム株式会社 高崎店 店長 岡村信幸

出身地:埼玉県 年齢:40代 好きな言葉:誠心誠意

取り扱い物件数No.1!見学できるお部屋がたくさんございます!高崎に詳しいスタッフが皆さまのご来店をお待ちしております。お部屋探しに関する疑問やワガママをどんどんぶつけて下さい!納得のお部屋が見つかるまで全力でサポートさせていただきます!

高崎は、高度情報化に対応した都市設備を行うことを目的として、日々都市計画が進んでいるため比較的新しい街で、どこを歩いてもとても綺麗に整理されています。それだけでなく、高崎からオシャレな雰囲気を感じ取ることができるのは、高崎にセンスの良い人達が集まっているからなのではないかなと思っています。

私は高崎店に配属されてすぐに高崎のそういった美的センスを感じることができましたから、この街からは何かセンスの良いものが出ているのだと思います。

文化的意識が高い街、高崎

高崎には、市民がアートや芸術に触れることができる機会が多くあります。「高崎タワー21」という高崎駅から歩行者デッキで直結している高層ビルがあるのですが、テナントスペースや住居スペースに加えて、実は3、4階は「高崎市タワー美術館」として近現代の日本画といった美術品が展示されているんです。

このように、日常生活のなかでアートに触れることができるのは高崎ならではなのではないでしょうか。高崎市内には、このような芸術的センスが刺激されるような場所がいくつも存在します。

日本画といった歴史あるアートだけでなく、異なる年代向けに幅広くアートに触れることができるのも高崎ならではでしょう。例えば、オシャレなセレクトショップや若者向けのカフェなど、現代アートに触れることができる場所も増えてきており、こういうものに惹かれて人が集まってきている感じがします。

また、こういったアート的感覚が刺激されるような場所が高崎には多く存在しているのは、やはりこの地に住んでいる人のセンスが良いからなのではないでしょうか。

いい大人になって、ゆっくり飲み歩きたい街です。

高崎は大学が多い地域なので、若い人が多いと思われるかもしれませんが、高崎駅周辺は若い人から大人の方まで楽しむことができるようなオシャレでこだわりを持ったお店が多く立ち並んでいるんです。住人のセンスの良さからか、店構えからオシャレなお店も高崎には多いんですよ。

最近では、レトロな雰囲気が人気であることと、高崎が古い町であり古い建物がよくみられることから、古民家をレストランなどに改装して経営しているというスタイルも珍しくないんです。

また、古民家を改装した場所もレトロな雰囲気をそのまま残すことができるように桐ダンスを家具として使用したり、ハダカ電球を照明としていることなど、店を飾る一つ一つのものにもこだわりがあるように感じられます。

ゆっくりと食事やお酒を楽しむことができるような場所も駅周辺の特に東口あたりによくみられ、そういったところでは出張で高崎に来た方など大人が楽しめるような場所になっています。

こういった場所は日本酒が何種類も用意してあるため、グループで行っていろんな種類を試すのも良いかもしれませんね。私も仲間と一緒に飲みに行ってみたいと感じるような場所です。

高崎駅に降り立つと、大きな達磨(だるま)が迎えてくれることから気づく人もいるかもしれませんが、高崎は全国の達磨の7割を生産している達磨の名産地です。高崎の達磨作りは二百数十年前から始まり、現在でも72人の職人がいます。平成5年には、群馬県ふるさと伝統工芸品に指定されたんですよ。

実は、ハウスコム高崎店にも、達磨職人の息子さんがいるため、ハウスコムカラーの達磨を作ってもらったこともありました。

達磨職人のような職人が高崎には昔から多いこと、また、高崎は城下町の宿場町であったことから、商売上手であることも町の特徴の一つです。そういったことから、お店一軒一軒がこだわりをもって経営されているのも納得がいきます。

お客様には地域に根付いたことでわかる情報を伝えたい

高崎には路地裏にあるような隠れ家的なお店もあり、通いたくなるようなセンスのある場所が多く存在します。そういったお店に何度も足を運ぶことができるのも高崎に住むことの魅力の1つですよね。

路地裏という立地条件でも、取り扱う一つ一つの素材や製法などにこだわりを持った商品をセレクトしたセレクトショップや、カバンなど一つの製品に特化した専門店などがあります。こういった場所は知る人ぞ知るような場所ではありますが、店内で企画やイベントも良く行っているようで、地元の人からしてみれば有名なお店なんです。

古ビルの一角にあるため、知らないとなかなか気づきにくい存在ですが、店内に置いてある商品がこだわりを持っているためか、一度行ってみると何度も足を運んでみたくなるようなオシャレさがあるんですよ。

高崎には、そのようなこだわりを持ったオシャレなお店が多く、その一つ一つが高崎の魅力を作り上げているのです。しかし、こういった魅力は住んでみないとなかなか気づくことができないでしょう。

私自身、地域のことをもっと知らなくてはと自転車で回ってみたりするのですが、回るたびに新しい発見があるんです。こういった発見をお客様にも伝えていくことができたらいいなと考えています。

昔から、売れる営業マンは部屋を売るだけでなく、その場所に住む意義をしっかりと定義づけしているからお客様にお部屋を選んでいただけるのでしょう。

お客様に選んでもらうために、地元のお店の情報や雰囲気、どの道が混むといった交通情報や地元のスーパーのことなど、この地域に長く携わっているからこそわかる情報をお客様に提供することが、ハウスコムの社員として重要なのではないでしょうか。

また、これからハウスコム高崎店では店舗にいらっしゃるお客様が地域の特産品の情報を収集できるように、街の情報を載せた資料をそろえたり、ご当地キャラの情報を置くことでお子様にも退屈しないような工夫をしていきたいと考えています。

地域とより密接にかかわっていくためにも、新しく引っ越してくる人に向けて地域に早く馴染んでもらうための情報を漏れなく提供していくことを忘れずに、お客様と向き合っていきたいと思っています。

ハウスコム株式会社 高崎店

  • Twitter
  • Facebook

オススメの記事

2019/01/14

「名古屋からすぐの下町、中村公園は豊臣秀吉の歴史を感じれる場所です。」ハウスコム中村公園店 店長 松本直之

2019/01/14

会社は働く場所から、従業員が人生がやりたい事を支援する「器」になっていく。

2019/01/07

「2019年ラグビーワールドカップが開催されるトヨタスタジアム。自動車だけでない豊田市を見てほしい。」ハウスコム豊田店 店長 福島正夫