2019年入社新卒レポート – 大曽根店 桂川 浩平(かつらがわ こうへい)さん

  • Twitter
  • Facebook

〇生まれ育った町で

 私が配属された大曽根店は名古屋市の東区と北区を主に担当しています。
 東区はかつて名古屋城の城下町として栄えていたため、現在でも徳川町やその周辺では、歴史的な景観を目にする事が出来ます。また、ナゴヤドームもこの東区に位置しており、野球やライブがあった日には隣接するイオンにて大勢の方々で賑わっております。
 対して北区は、かつて工業地帯であったことが起因し、その跡地を利用し、マンションや公営住宅が多く存在するのが大きな特徴であると言えます。
 私はこの北区に位置する上飯田という場所で生まれ育ち、現在も住んでいます。
 そのため大曽根店の担当区域は私にとって慣れ親しんだ地域であり、物確を行っている際に自宅やかつて通っていた学校やバイト先などの周辺を通ることが多々あります。

〇大きな武器

 ですが、店舗に配属されてから散策を行っていく内に、それまで知らなかった通り道や飲食店などといったものを発見し、慣れ親しんだ土地だからといって知らないことはまだたくさんあることを痛感しました。
 研修中によく先輩社員の方がおっしゃっていた、お客様を応対するにあたり、物件の情報だけでなくその地域に関する情報を伝えることも大きな武器になるという言葉が身に沁みました。
 これからもっと、この地域に関する情報を深めていき、何を聞かれても答えられるようになりたいです。


桂川 浩平(かつらがわ こうへい)さん
2019年入社
中部大学卒業
大曽根店 ハウジングアドバイザー

  • Twitter
  • Facebook

オススメの記事

2019/10/07

新入社員内定式「経験がないことが若い人達の強み。新しい発想は若い人達からしか生まれない。」

2019/09/16

最終的に、不動産企業は”地域のコミュニティ・マネージャー”になっていく。

2019/09/08

わずか77日で東証一部へ上場「個(自分)が成長することにより、 成長するのは”会社”なのです。」