井上 桃子――上尾店・営業主任/ 2016年新卒入社

  • Twitter
  • Facebook

2016年新卒入社。強みは笑顔と元気。

入社して二年目、主任に昇進。

出身地:埼玉県 趣味:ドラマ観賞、漫画を読むこと

*本記事掲載の2018年3月時点、異動により本社・人材開発室に在籍。

どんな仕事をしているか

ご来店いただいたお客様の要望に合ったお部屋を紹介する、不動産賃貸仲介営業の仕事をしています。
もうちょっと家賃が安かったら入居できるというお客様の場合は、大家様や管理会社様に家賃交渉をすることもあります。交渉が上手くいくとお客様はもちろんのこと、空室が埋まって家主様にも喜んでいただけるので、とても嬉しいんです。

私は、お客様に合わせて営業スタイルを変えています。お客様が自分の両親くらい年上の方だったら、まるでその方のお子様のように感じていただけるように接して、同世代だったら友達くらい気軽に話せるように接します。男性がお一人で来られたらその方の彼女になったつもりで、女性がお一人で来られたら何でも相談できる親友になったつもりで接しています。その方にとって相談しやすいキャラクターを想像し、あくまでも失礼のないような態度で接しています。

カップルでご来店されたお客様には、おふたりがどこで出会ったのかを必ず聞いています。カップルが同居するというタイミングは、ふたりにとって一番ハッピーな時ですよね。そんなお話をすることで私も幸せな気持ちになれますし、なによりお客様との距離感が縮まって、お部屋探しに役立つお話をたくさん伺うことができるんです。

ハウスコムを選んだ理由

就職活動をしていた時、第一志望は電車の運転士でした。大学の時に上尾市から町田市まで電車で2時間半かけて通っていて、その時間が大好きだったからです。でも、残念ながらご縁がなかったので(笑)。だったら、大好きなお喋りを活かせる接客業がしたいと思ってハウスコムに入社を決めました。

ハウスコムは福利厚生もしっかりしていて、若手社員だから休みにくいといったこともなく、むしろ会社からはしっかり休むように言われています。性別も関係なく実績とやる気で評価してくれるので、とても働きやすい環境であることは間違いありません。

また、私には新卒入社の同期が35人ほどいますが、とても仲が良い期だと思います。同期全員が参加するLINEグループもありますし、店舗が近い同期同士で結構頻繁に飲みに行ったりもしてるんですよ。

やりがいを感じる瞬間

店舗に配属されて間もない頃、学生のお客様がご両親と一緒にご来店されました。

めでたくご入居する物件も決まって、店舗から駐車場までお送りする時のこと。「新人で何も分からず申し訳ありませんでした」と伝えたところ、「全然そんなことありませんでしたよ。素晴らしい対応をしてくれました。井上さんが担当で本当によかった。」と言っていただけたのです。これは本当に嬉しかったですね。

いくらお客様が物件を気に入ったとしても、営業担当に違和感や嫌悪感を感じたら別のお店に行ってしまうと思うんです。人間力を試される仕事であること、それが営業のやりがいなのではないかと感じています。

入社を希望される皆さんへのアドバイス

お客様から日々感謝される仕事であることに加えて、頑張った分だけ会社が評価してくれるという環境があることは間違いありません。自分の頑張りが、売上実績や給与という形でダイレクトに返ってくるので、とてもやりがいを感じられます。

自分の頑張りをしっかりかたちにしたい方にとってハウスコムは本当に素晴らしい環境です。

  • Twitter
  • Facebook

オススメの記事

2018/12/10

日本経済新聞にハウスコムの働き方改革が取り上げられました。

2018/12/10

「全国2位の売上をあげている伊勢丹が、埼玉の浦和にあります。浦和では“浦和愛”が育まれています。」ハウスコム株式会社 浦和店 店長 丸山鉄東

2018/12/03

第2回学生ビジコン決勝戦「もし、成功が99%の努力と1%の閃きなら、1%の閃きの価値によって、99%の努力の価値は大きく変わってくる。」