橋本 卓――南浦和店・営業主任 / 2013年新卒入社

  • Twitter
  • Facebook

2013年新卒入社し南浦和店に勤務、現在は主任に昇格。

目標は、将来独立して地元で不動産屋を開くこと。

出身地:埼玉県 趣味:テニスして焼肉食べて風呂に入ること

どんな仕事をしているか


ハウスコム南浦和店で営業をしています。お部屋探しをしているお客様と家主様の仲介をする仕事です。

朝は9:40までに出勤し、18:40には店の営業が終えて19時過ぎには退社しています。労働時間が短くなった理由には、勤務時間の管理が厳しくなったことが大きいですが、インターネットで事前にお部屋探しをしてからご来店するお客様が増え、これまでのようにお客様が店舗にお越しになってから物件選びをするということが少なくなったことも大きいと思います。

以前は1人のお客様に対して数日にわたって応対させていただくこともありましたが、今は週末などの混む日でも、1日3〜4人のお客様に応対できるようになりました。

ハウスコムを選んだ理由


不動産営業マンの仕事ぶりをテレビで見て、単純にかっこいいと思ったんです。その印象が自分の中に強く残っていて、不動産会社に入ろうと思いました。

ハウスコムに入社して5年目になりますが、会社のイメージはどんどん良くなっていっています。特に勤務時間、労働環境が年々改善されていると思います。

会社のシステムは20時にシャットダウンしますし、勤怠の管理がとても厳しくなってきました。当たり前のことに思えるかもしれませんが、この業界では当たり前ではなかったことです。ハウスコムが、時代の変化に対してどんどん追いつき変わっていこうとしているのが実感できます。

やりがいを感じる瞬間

私はお客様のご都合をとても大事にするようにしています。お客様が「明日お部屋を見に行きたい」とおっしゃるなら、その日が自分の公休予定だった場合、自分の出勤日に変更していただくか、他のスタッフの方と共有してご案内するようにしています。お部屋探しは、お客様の人生における大事な1ページだと思っていますから。

入社2年目の時のことです。これからご結婚されるというカップルのお客様が新居をお探しということでご来店されました。ご契約をいただいてホッとしていたところ、「結婚式で流すムービーで、私たちの結婚に関わった人たちの一人として橋本さんも紹介したい」とそのお客様がおっしゃられたのです。この時、「お客様の人生における大事なイベントに関われたのだ」とすごく実感できて、本当に嬉しかったのを覚えています。

入社を希望される皆さんへのアドバイス

ハウスコム代表取締役の田村さんは、従業員・約1000人の中の一営業マンの名前や「何を頑張ったのか」といった個人的なことまで細かく覚えていらっしゃいます。会社のトップの方に自分のことを知っていてくれるのは嬉しいですよね。

ハスウコムでは。頑張ったら頑張った分だけ、「給与」という形できちんと返ってきます。また、同じエリアの店舗全てが同時に売上目標を達成したときなどは、支店が集まってお祝いをするために会社が夕食費を出してくれる夕食会という文化もあります。

不動産会社でハウスコムより良い会社は無いんじゃないかと私は思います。

  • Twitter
  • Facebook

オススメの記事

2018/12/10

日本経済新聞にハウスコムの働き方改革が取り上げられました。

2018/12/10

「全国2位の売上をあげている伊勢丹が、埼玉の浦和にあります。浦和では“浦和愛”が育まれています。」ハウスコム株式会社 浦和店 店長 丸山鉄東

2018/12/03

第2回学生ビジコン決勝戦「もし、成功が99%の努力と1%の閃きなら、1%の閃きの価値によって、99%の努力の価値は大きく変わってくる。」