金澤 里沙――蒲田店・営業 / 2017年中途入社

  • Twitter
  • Facebook

前職は歯科助手のパートとして3年間勤務。

2017年ハウスコムに中途入社し、蒲田店の賃貸仲介営業担当に。

小学生の子どもを持つ母として仕事と家庭の両立を図るため、

短時間勤務正社員として勤務中。

どんな仕事をしているか

ハウスコム蒲田店で賃貸仲介営業をしています。

まだ入社して半年も経っていませんので、物件の写真を撮りに行って物件情報をインターネット上にアップロードするのが主な仕事です。

短時間勤務正社員なので終業時間は16:40で、残業もしていません。小学生の子どもがいますので、17時までに迎えに行かなければいけませんし、学校がない日も子ども一人に長時間留守番をさせられません。

入社する前も入社した今も、子どもにウエイトを置く生活は変わらないです。子どもの具合が悪いときはお仕事はお休みをいただきます。土日は基本的に出勤しますが、学校行事等がある時は休ませてもらっています。

子どもに寂しい思いはさせたくないので、子どもの都合によって、お休みをいただける勤務形態に本当に助けられていますね。

ハウスコムを選んだ理由

前職は歯科助手をしていました。パート勤務だったのでクリニックが忙しくないときは勤務したくてもお休みになってしまうことがありました。自分は働けるのに働けないため給与は安定しませんし、今より始業が早かったので、子どもを急かして学校に行かせなければならない日々にも辛さを感じていました。

そこで、17時までに退社できる正社員の仕事はないか探していたんです。ほとんど募集がない中にハウスコムを見つけました。私自身、ハウスコム蒲田店でお部屋を借りたところだったので、お店の雰囲気がすごく良くて、スタッフも仲が良さそうだと感じたことが心に残っていたんです。

新卒に近いくらい若い方と並んで面接を受けたので、絶対駄目だろうなと思いました。選考の中で、あるテーマに沿って書く作文の試験があって、「子どもが一人で何かできるようになると私も嬉しい」という内容の文を書きましたね。

やりがいを感じる瞬間

土日はお客様がたくさんご来店になるので、手が空かない営業スタッフの方に頼まれて、私が代わりにお客様をお部屋にご案内することがあります。お客様がそのお部屋をご契約してくださった時、その営業スタッフから「金澤さんだから決まったんだよ」と言ってもらえました。「人の役に立つことができた」と感じて嬉しかった瞬間ですね。

一方、自分の仕事が終業時間までに終わらず帰宅することもあり、他のスタッフに仕事を引き継いで行かなければいけなくて心苦しい思いをすることもあります。

不動産賃貸業の現場では「自分の顧客を他の営業スタッフに取られたくない」という思いがあることもあると思うんです。歩合給に影響することなので仕方のないことかもしれません。でも、ハウスコム蒲田店ではそういった感じはなく、店舗みんなの仲が良くて笑い声がする中で仕事をしています。とても良い環境で仕事ができていると感じていますよ。

入社を希望される皆さんへのアドバイス

ハウスコムには営業のガツガツしたところがなく、一緒に働いているスタッフたちの仲が良いと、実際に働く私が感じています。また、私のように子どもの予定に合わせて短時間勤務をしたいという方にはこのポジションは打ってつけだと思いますよ。

  • Twitter
  • Facebook

オススメの記事

2018/12/10

日本経済新聞にハウスコムの働き方改革が取り上げられました。

2018/12/10

「全国2位の売上をあげている伊勢丹が、埼玉の浦和にあります。浦和では“浦和愛”が育まれています。」ハウスコム株式会社 浦和店 店長 丸山鉄東

2018/12/03

第2回学生ビジコン決勝戦「もし、成功が99%の努力と1%の閃きなら、1%の閃きの価値によって、99%の努力の価値は大きく変わってくる。」