ハウスコム株式会社の国内キャンペーン旅行 ”伝統のおもてなし旅館 加賀屋” ~金沢・和倉温泉編~

  • Twitter
  • Facebook

ハウスコムでは毎年、会社に貢献した従業員を対象に、その努力や奮闘を称え、従業員本人とそのご家族を招待するキャンペーン旅行を開催しております。ハワイ旅行と国内旅行の2種類があり、今回は7月24日(月)~26日(水)の3日間で国内旅行として人気を博している石川県の金沢と和倉温泉に行きましたので、その様子をご紹介いたします。

2015年に開通した北陸新幹線かがやきにて東京駅を出発し、一日目の宿泊先であるホテル日航金沢の2階ガーデンハウスにて昼食をとりました。

『金沢マルシェ』がコンセプトのおしゃれでスタイリッシュなバイキング形式のレストランです。

ご家族で美味しく豊富な食材の数々を使った料理を楽しむ様子が見られました。その後あいにくのお天気の中ですが、世界で最も美しい駅の一つに選ばれた金沢駅を始め、周辺の自由散策を楽しみました。

二日目は、今回の旅行のメインとなる観光地へ足を伸ばしました。まずは、国の重要文化財にも指定されている、旧陸軍兵器庫を再現した赤レンガ棟がトレードマークの石川県立歴史博物館へ行きました。加賀や能登ゆかりの絵画や摺物などの展示を見学しました。

その後は、美しいオーシャンビューを至近距離で楽しめる千里浜なぎさドライブウェイへ。この千里浜なぎさドライブウェイは一般の自動車やバイクも走行可能な砂浜道路になっています。当日は小雨が降っていましたが、通行規制もなく、無事に波打ち際での貴重なドライブを楽しむことができました。

二日目の昼食には、てらおか風舎さんにて能登牛をいただきました。能登牛は他のブランド牛と比較すると生産量が少なく非常に希少で、「まぼろしのブランド牛」との呼び声も高いです。ジューシーで肉厚な能登牛を堪能しました。

午後は、大きな水槽をのびのびと泳ぐジンベエザメが見どころののとじま水族館へ。ジンベエザメだけでなく、真下からイルカが見えるトンネル型の水槽、海の生き物に直接触れるふれあいコーナーや人気のカワウソ水槽など、子どもから大人まで十分に楽しめる水族館でした。

そして二日目の夜は「心のこもったおもてなし」で有名な和倉温泉、加賀屋に宿泊しました。田村社長も交えての懇親会を行い、歓談と食事を楽しみました。鬼の面をかぶった演者による圧巻の太鼓パフォーマンス、鬼面太鼓を鑑賞し、迫力満点の演奏に釘付けの様子でした。

その後も、豪華賞品を懸けたビンゴ大会を実施し、また小さなお子様連れの参加者が多かった為、会場内に射的やわなげなどを楽しめる小さな縁日スペースを設置し、子どもたちに大変好評でした。

雨の多い金沢の土地柄のため、初日と二日目には大雨に見舞われることもありましたが、最終日となる3日目は天候に恵まれ、気持ちのいいお天気の中、自由散策としそれぞれ金沢近辺の観光を楽しみました。

普段は仕事で忙しくあまり家族との時間をとれないなか、良い家族サービスや親孝行の機会になったのではないでしょうか。

今回は24組67名の方のハウスコム従業員とそのご家族が参加されましたが、たくさんの方の笑顔があふれる充実した旅行となりました。

「子どもたちも大満足で、また来年のキャンペーン旅行にも連れて行ってあげたいと思いました」といった参加者の声もあり、今後の業務への活力源にもなったようでした。

サービス・イノベーション室:鈴木

  • Twitter
  • Facebook

オススメの記事