ABOUT HOUSECOMハウスコムを知る

01 オンだけではなくオフも大事に

仕事だけではなく私生活も充実させてほしいという想いから、通常営業日は本社および全店舗のPCが20時にシャットダウンするシステムを導入しています。
勤務時間内は集中力を最大限に高めて仕事にコミットし、定時には仕事を終わらせる。

そうして自ら生み出した時間をどう活用するかは個々の自由。
地域のイベントに参加してもよし、自分の趣味に没頭してもよし、明日の仕事に備えてゆっくり過ごすのもよし。

そうして得た刺激や活力を仕事に反映していって欲しいと考えています。

02 頑張れば必ず報われる

目標を明確にし、達成するために努力していくことはとても大事なことです。

ハウスコムでは店舗やエリア、グループ等に対して目標を設定しています。
達成した店舗・エリア・グループ・個人には食事会や国内旅行、ハワイ旅行といったイベントが用意されています。

日頃支えてくれていることへの感謝の意も込めて、旅行にはご家族の方も一緒に参加することができます。

03 本社と店舗の繋がりを重視

不動産業界には繁忙期(1月〜3月)と呼ばれる時期があり、年間売上のうち約4割がこの3ヶ月間に集中しているほど重要な時期に当たります。
繁忙期になると本社から店舗に食料品等の応援物資を送っています。

また、繁忙期の週末には特にお客様が集中するため、管理職も含めた本社スタッフが店舗へ応援に行く「店舗応援」も実施しています。

店舗が頑張ってくれるからこそ本社が機能し、店舗は本社がサポートをしてくれるからこそ頑張れるという意識を持ちながら、日々地域のお客さまにサービスを提供しています。

04 多様なワークスタイルの実現――短時間正社員

子どもを保育園に迎えに行きたい、資格取得のためのスクールに通いたい…等々、多様なワークスタイルを実現できるよう、正社員でありながら6時間勤務が可能な「短時間正社員制度」を導入しました。

現在10人以上の社員が短時間正社員として勤務しています。

05 アウトプットする場を設け、風通しの良い会社に

ハウスコムでは、個々の社員がアウトプットすることを「学びの機会」として重要視しています。
個人が積極的にアイデアを発言することが、風通しの良い会社を作ると考えているからです。
社内で様々なプロジェクトを立ち上げ、各プロジェクトメンバーで業務改善等のテーマに取り組みます。

また、親会社である大東建託グループが主催するTQC(Total Quality Control=統合的品質管理)という大会にも出場しています。
この大会で提案したプロジェクトが実際に業務に反映された例もあります。

06 経営計画発表説明会

毎年1回必ず経営計画発表説明会を開き、経営陣と社員、組織と個人のベクトル合わせをする場を大切にしています。
説明会後は懇親会も開かれ1年の労をねぎらうと共に、普段関わることのない社員同士がコミュニケーションを行う場にもなっています。

07 各種研修

新卒研修・新人営業研修・主任研修・店長候補研修・店長研修・管理職研修・業務研修などスキル別に各研修を実施しています。

新入社員の方向けの研修としては、カレー作りを通して業務の進め方を学ぶ「カレー研修」や、賃貸住宅フェアを見学し不動産業界の感覚を身につけるといった実践的なもの等を用意しております。

08 地域貢献活動

お店にご来店いただくお客様だけではなく、もっと視野を広げ、地域に暮らす方々も幸せにすることを目標に掲げ、各地域のNPO法人、障害者スポーツ協会、地域イベントへの支援や協賛など様々な活動を積極的に行っています。

09 社内報

社員や社員のご家族の方にもハウスコムという会社をよく知ってもらいたいという想いから、社内報を定期的に発行しています。